三十路・四十路になって気づいたこと ブログネタ:三十路・四十路になって気づいたこと 参加中

本文はここから

今日のこのブログネタ、昨年の暮れに43才になった僕が『これから三十路を迎える若者(男性限定)』に向けて何か参考にしてもらえる事があれば嬉しいので、たまには人様のお役に立てるように心掛けながら今日はブログを書き進めたいと思います。

僕が三十路になって自分自身の身体と心の変化に気付いた事・・・

は、これと言って何もないんですよね、単に『年齢が20代から30代になった』って数字的な変化ぐらいしか意識していませんでした。

それがですね、30代の後半、35才を過ぎた頃に気付いたのが『性欲の衰え』なんです。

この変化、寝ても覚めてスケベの事で頭がいっぱいだった10代後半から20代の頃には考えられない変化、このブログを読んでくれている若い男性の大半は「俺に限ってそんな事にはならない」と思っているでしょうし、現に20代の頃の僕も目上の男性からそんな実情を聞かされたところで全く信じていませんでしたし、それが気付けば若かりし頃に比べて肉体的にも精神的にも性欲が落ちている自分の変化に気付いた時には『悟りの境地を開いた』ぐらいに驚いたのが実情になります。

これはあくまで主に内面的な変化なので気付かない男性もいれば、気付いたとしても自分で認めなければ済む変化になるのですが、認めざるえない確実に気付く外面的な変化として『下半身の陰毛が薄くなる』なんです。

僕が最初にこの変化に気付いたのは四十路を目前にした38才の頃だったと思いますが、男にとって雄ライオンの鬣(タテガミ)と同じ役割を果たす陰毛の減少には性欲の衰えよりもショックを受けた事実、でも人間の雄として生を受けたからには避けられない変化だと知ったので、四十路を迎えた今は悪あがきを考えないで自然の流れに身を任せるようにしています・・・

と説明すると「なぜ人間の雄の陰毛が三十路後半を過ぎると薄くなるのか?」と疑問に思う女性がほとんどだと思うので、この現象について少し詳しく説明したいと思います。

現代の人類の祖先が類人猿から進化を遂げて今の身体になったのは誰でも知っている話ですよね?

ではどうして全身の体毛が衰退をし、髪の毛、眉毛、脇の下、局部の体毛だけがフサフサな状態で残っているのか?

それは『森で暮らしていた類人猿が海辺で暮らすようになり今の人間へと進化した』からだそうです。

森で暮らしていた類人猿がなぜ海辺で暮らすようになったのか?

までは詳しく知りませんが、人類が今の体毛の形状に落ち着いた過程を簡単に説明をいたしますと・・・

それまで大地の糧を頼っていた食料を海の幸に求める、泳ぐ技術を持ち合わせていない二足立ちの類人猿にとって主食となるのは浅瀬に生息する小魚や貝類、小さいながらも豊富な海の幸を採取する為に長時間の水中歩行をするにはフサフサな体毛が邪魔になる。

そうして全身の体毛が退化。

でも直射日光から頭を守る為に頭髪が残る。

その頭から流れ落ちる汗が目に入らないように眉毛も残った。

との事情から人類は産まれながらにしてこの部分の体毛を保っている訳ですが、それでは「どうして局部の体毛の方は成長の過程でフサフサになるか?」って疑問に思いますよね?

その答えは『海中において局部を守る』との至って簡単な理由になります。

医療関係者ならご存知だと思いますが、人間の脇の下と股間には物凄く太い血管が通っているので、その血管を見えない海中で傷を付けない為に入り組んだモジャモジャな体毛が生える訳です。

だから危険な海に入る機会の少ない子供に陰毛は必要がなく、身体が大きく成長をし、海で食料を探すようになると陰毛が生え始める仕組みになっているそうです。

それでは今から本題の「どうして三十路を過ぎると陰毛が薄くなるか?」についての説明をします。

野生の類人猿、最も人間に近いとされるチンパンジーの平均寿命は40~50年、縄文時代の人間の平均寿命が40年、その年数を考慮すると海辺で暮らし始めた人類の祖先も30才を過ぎると御老体の部類に入り体力を必要とする海には入れない身体に、そうなると自分で食料を調達できなければ野生のチンパンジーには死が待っているのみなのですが、海辺で暮らすようになった類人猿は単なる『群れ』としての集まりではなくなり『共同生活』なる、それぞれが出来る事で群れに貢献をする共同体として生活をするようになった訳です。

そうして海に出られなくなった30代から陰毛も薄れ始め、40才を過ぎれば天寿をまっとうしていた類人猿の中にも稀に長生きをする個体も存在するようになり、その御長寿類人猿が共同生活の中で食料を分けてもらう為に何を役割りとしていたと思いますか?

その答えの中にこそ類人猿と人類との決定的な違い、人類が人類たる由縁『火を使う』が大きく関係をしており、その遺伝子を受け継いでいるからこそ現代の人間の雄が四十路を迎えると身体に劇的な変化が起こる本質が含まれています。

そうなんです、海へ出られなくなり自ら食料の調達が困難になった長寿類人猿は『火の番』をする事により群れの中で食料を分け与えてもらうようになったんですよ。

太古の類人猿が火を使うようになったのは『落雷』や『火山の噴火』による山火事の残り火が始まり、今みたいにライターやマッチの存在しない原始時代にとって火を絶やすと言う事は生活そのものを失うのと同じ、そこで海に出られなくなった40才過ぎの類人猿はそれなりの知恵を活かし火の番をしていた訳ですが、そうなると絶えず煙との格闘が続く事も自然の摂理ならば、その煙に対抗する為に鼻毛が伸びるのも生き物の防衛本能、そのおかげで現在の人間の雄も40才を過ぎると鼻毛の伸び方が急激に早くなる、現代でもその変化を身を持って体験をしている男は僕だけではなく、ほとんどの人間の雄が四十路になって気付いた自分の身体の変化になります。

これは類人猿時代の雄が子育てとは無関係な暮らしをしていた頃から今の人間の男が受け継ぐ遺伝子、ってな学説を以前、深夜に放送されていた教育テレビの進化論特集番組で見て得た知識になりますが・・・

若い男性や女性からすれば「そんな原始時代の話をされてもにわかには信じ難い」と思う人が大半だと思いますので、今からは皆さんも時代劇等で馴染みの深い江戸時代から明治にかけての話を絡めて説明するので、その話を読んだ後に僕が語っている『三十路~四十路にかけての男の気付き』が単なる作り話かどうかを判断して下さい。

時代劇等でもお馴染みのはずで江戸時代に生きていた日本人の成人男性の髪型と言えば『ちょんまげ』なのは誰でも知っている事実ですよね?

そのちょんまげは何の為にあんなめんどくさい髪型になったかは知っていますか?

一部には『戦国時代に兜を被る際に頭が蒸れないように隙間を作る為』との所説があるようですが、それならば現代の相撲力士のように単に髷(マゲ)を結えば済む話なのに、それが何故わざわざ頭頂部をツルツルピカピカに剃り上げて『月さや』と呼ばれる髪型が主流になったのか?

それはやっぱり三十路から薄くなる局部の陰毛に関係がしているんです。

今の日本人男性の間でもそうであるように、江戸時代の男にとっても下半身の陰毛は雄ライオンの鬣と同じように男の威厳を表すステータスでもあるのに、それが三十路を過ぎた頃から段々と薄くなるのは悲しい男の定め、どうにかその悲しい定めを少しでも和らげる為に下半身の陰毛が全て生え揃った頃、年齢にして14才~16才の頃に成人した証しと共に「髪の毛は薄くなってもいいから局部の陰毛は今のままフサフサとしていて欲しい」との呪い(まじない)の意味を込めた儀式が『元服』と呼ばれる髷結いの儀式として受け継がれたそうです。

では何故この『月さや』なる髪型と男の切ない願いを込めた『元服』なる儀式が明治維新と共にこの日本から姿を消してしまったか?

その理由、江戸時代から続く長い鎖国政策が終わりを告げ明治維新と共に日本に大挙して押し寄せて来た舶来人、現代の欧米人男性が陰毛をツルツルに剃っているのと同じように当時の西欧人男性にとっても『陰毛は不潔』との認識があり、日本人もその考えに少し感化をされ、心の中ではフサフサな下半身に憧れながらもパッと見で解る、しかも手間のかかる『ちょんまげ』と言う髪型が姿を消す事になりました。

その当時は「散切り頭を叩いてみれば未来薄くも気にならず」なんて言葉が大流行したそうです。

その変わりに男の威厳を保つ為に西欧人が持ち込んだオシャレ、それは歴史の教科書に載っている偉人の顔を見れば一目瞭然、ズバリ『鼻の下の髭を伸ばす』なんです。

これはいち早く産業革命を成し遂げた西欧にとって食糧難で飢餓を迎えるなんてのはすでに過去の話になり、太古の昔、類人猿の時代から『長老=知識の塊』との認識から、鼻毛が長ければ長い程に知識が豊富で賢い男だとの、武道よりも文学科学を重んじる中で威厳を誇る為に、鼻の下の髭と伸び放題の鼻毛を伸ばすスタイルが流行した訳です。

この話は図書館で借りた『明治維新の面白い裏話』みたいな本で説明をしていました。

ここまでこのブログを読んでも僕の話を信じてくれない人はそれでいいですが、僕が三十路~四十路になって気付いた身体の変化は『局部の陰毛が限りなく薄くなるが、その変わりに鼻毛の伸び方が急激に早くなる』です。

だからこれから三十路を迎える男性は陰毛が薄くなったからとショックを受けないで下さい。

急激に伸びる鼻毛のお手入れを怠らないで下さい。

その変化はあくまでも平均寿命が40歳だった原始時代の遺伝子を受け継いでいるからで、平均寿命が延びた現代人においては五十路に入る頃には、下半身の陰毛も鼻毛の伸びる早さも20代の頃に戻るそうですからね。

まあ、あくまでも個人差があるので、中には全く変わらずに還暦を迎える男性も少なからず存在するのも事実だそうです。

あ、そうそう、もう少しで忘れるところでしたが、これは僕だけが気付いた事かも?

それかアメブロを始めたせいかも?

のどちらかは解りませんが、僕は四十路になってから・・・

『とんでもないホラ話を考えるのが大好きになった』

と気付きましたね(-_☆)

信じるか信じないかは・・・

あなた次第です・・・

KEN's Ownd

0コメント

  • 1000 / 1000